貴方の 【快適な睡眠】 をサポート! 注目の寝具アイテム集

羽毛布団の選び方・ポイント

羽毛布団が実際に”快適かどうか”(使い心地・保温性・フィット感)は、キルティングによっても大きく違ってきます。
羽毛布団のキルト(キルティング)とは、「縫製や仕立て方」の事を指します。このキルトにもいくつかの種類があります。
タタキキルトタタキキルト
一番簡単なキルティングです。
羽毛布団の表と裏の生地をそのまま縫い付けるので、そのキルト部分には羽毛が全く入ることができず、熱が逃げてしまいます。このようなキルティングは、非常に簡単で手間が掛からないので、安価な羽毛布団には使われている場合がありますが、羽毛掛け布団としての性能を存分には発揮することができません。

普通立体キルト立体キルト(普通立体キルト)
キルト部分にマチを作ることで、羽毛布団自体の高さを確保し、羽毛が全面に行き渡るようにして、熱が逃げるのを防ぐ様になっています。羽毛布団で最も使われているキルティングです。

ツインキルト(2層式立体キルト)ツインキルト(2層式立体キルト)
羽毛布団のキルトを二層式にする事で羽毛の偏りを少なくさせ、ふんわりと空気の層が増して、保温性が格段にアップします。但し、製造に手間がかかる分、価格も若干高くなります。
その他キルティングには、商品によって様々なバリエーションがあります。例えば立体キルト構造にも、3層構造の羽毛布団もあります。多層になると保温力は増しますが、少し価格と重さがアップします。かさ高17cm以上の上質の羽毛なら1層(普通立体キルト)でも充分でしょう。
羽毛布団の選び方・ポイント
かさ高性羽毛の種類羽毛布団の側生地羽毛布団のキルトショップの信頼性

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://simprich.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/886