貴方の 【快適な睡眠】 をサポート! 注目の寝具アイテム集

羽毛布団の選び方・ポイント

羽毛布団は中身も重要ですが、実は羽毛を包み込む「側生地」も大変重要です。
羽毛の「保温性」を活かして”快適に使えるかどうか”は、側生地によって決まります。
どれほど羽毛の保温性が高くても、布団が身体から離れていては暖かさを感じません。
 生地の肌沿いの良さ(フィット感)=「生地のしなやかさ」
によって、羽毛布団の「快適さ」が左右されます。
つまり、布団と身体の間にすき間を作らず、保温した空気を逃がさない事が「快適さ」へとつながるのです。
そうした寝心地の良い羽毛布団の側生地は、丈夫で肌沿いの良い、
 超長綿(ちょうちょうめん)100%を使用した生地
がおすすめになります。
羽毛布団の生地には主に、230本平織り、40/50ツイル超長綿、60サテン超長綿の3クラスがあります。

230本平織り
最もシンプルな織り方です。
打ち込み(1インチにおける糸の本数)230本のもので、羽毛布団としては必要最低限の打ち込み本数です。ガサガサした音がしたり、比較的質感も硬く、感触には個人差があることと思います。使用しているうちに柔らかくはなってきます。コスト的には一番安上がりで、低価格が売りの大手企業などもよくこのクラスの生地を使用しています。シャツの生地などにもよく使われる織り方です。

40/50ツイル超長綿
ツイル織り(綾織)という織り方です。平織りよりも滑らかで光沢がでます。
縦糸に50番手糸・横糸に40番手糸を使用し、ツイル織りしたものです。がさつき感も無く、フィット感も特に問題はないと思います。コスト的にも中の下といったところ。丈夫で耐久性に優れていて、デニム・ジーンズ等はこの織り方で作られています。

60サテン超長綿
サテン織り(朱子織り)といってひじょうに光沢が出て高級感があります。肌触りも最高です。
60番手糸を使用しサテン織り(朱子織り)した、ひじょうに「高密度な生地」で高級羽毛布団の定番クラスになっています。触り心地は非常に良く、「滑らか・ソフト」な感じで肌にもフィットするので、隙間風が入りにくいというメリットもあります。コスト的にはこの中では一番高いですが、風合い・肌触りにこだわり、高品質なものをお探しの方にはおすすめです。着物など、高級織物はよくこの織り方で作られています。
羽毛布団の選び方・ポイント
かさ高性羽毛の種類羽毛布団の側生地羽毛布団のキルトショップの信頼性

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://simprich.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/883