貴方の 【快適な睡眠】 をサポート! 注目の寝具アイテム集

羽毛布団の選び方・ポイント

羽毛布団には主に、グース(がちょう)かダック(あひる)の羽毛が使用されています。
グースとダックの羽毛を比較した場合、
 体長が大きいグースは比例してダウン(※)も大きく、かさ高性に富んでいる
 グースのダウンは細くて柔らかく、ドレープ性(身体に滑らかにフィットする性質)に富んでいる
 グースのダウンは絡まりにくい構造のため、優れたかさ高性を生み出しやすい
ダウン:羽軸を持たない(保温性の高い)羽毛
以上の点から、一般的にダックよりグースの羽毛が優れていると言われます。
しかし、必ずしもグースダウンの方が優れているわけではありません。
本当に羽毛の質を決定づけるのは鳥の種類だけではなく、
  育成環境(周りの環境や、エサ、管理方法など)
  育成期間(どれくらい長く育成されているか)
によって大きく左右されます。
成熟しきっていない羽毛は、たとえグースのダウンでもその弾力性は乏しく、かさ高性は少なくなります。
グースのなかでも、羽毛を成熟させるために長期間飼育された、いわゆる「マザーグース」の羽毛は格別といわれます。
マザーグースとは、品種の名前ではなく、
  長い期間飼育され(=卵を何度も産む程)、十分に成熟したグース
の事。
通常より長い期間飼育されたマザーグースは、その羽毛も大きく高品質なものになります。
※しかしマザーグースでも飼育期間によって羽毛の質が変わってきます。 「羽毛がどれくらい成熟しているか」を判別するには、やはり「かさ高性」が品質の重要な基準になります。
また「アイダーダック」という野生の鴨のダウンも、羽毛布団に使用されます。このアイダーダウンは、北極圏に近いアイスランドなどの極寒地帯のみに生息し、「きわめて軽く暖かい」究極の羽毛といわれています。
名称にはダックと付きますが、ダックダウンとは全く違う羽毛で、希少性が非常に高く、最高級羽毛布団の材料となります。
羽毛布団の選び方・ポイント
かさ高性羽毛の種類羽毛布団の側生地羽毛布団のキルトショップの信頼性

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://simprich.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/882