貴方の 【快適な睡眠】 をサポート! 注目の寝具アイテム集

羽毛布団の選び方・ポイント

羽毛が備えている「かさ高性」(=羽毛自体が持つふくれる力)は、”羽毛の温かさ”などの性能を示す、最も重要なチェックポイントになります。

羽毛の「かさ高性」試験測定法羽毛の「かさ高性」試験測定法 ※JIS(日本工業規格)による
前処理をした羽毛30gを円筒に自然落下させて入れます。次に120gの円盤(おもり)をのせ、2分間のせた後、おもりを取り除いて復元した羽毛の高さを測ります。
このかさ高を一般的に「かさ高性」と呼んでいます。
羽毛の品質表示ラベル
「かさ高性」に基づいた品質指標の一つとして、日羽協(日本羽毛製品製造共同組合)が4種の品質表示ラベルを定めています。

プレミアムゴールドラベル
【プレミアムゴールド】
羽毛のかさ高:180mm以上
★★★★★★

ロイヤルゴールドラベル
【ロイヤルゴールド】
羽毛のかさ高:165mm以上
★★★★★

エクセルゴールドラベル
【エクセルゴールド】
羽毛のかさ高:145mm以上
★★★★

ニューゴールドラベル
【ニューゴールド】
羽毛のかさ高:120mm以上
★★★

客観的な羽毛の品質を知るためには、↑の品質表示ラベルがついているかどうかが、大きなポイントになると思います。

ただし、西川3社(京都西川、西川産業、西川リビング)やロマンス小杉などの有名布団メーカーは、日羽協に属さず独自で厳しい基準を設けておりますので、元々品質表示ラベルは付いておりません。
これは自社(西川3社、ロマンス小杉)の方が、現在のゴールドマークよりもはるかに信用力が高い、と考えての事といえるでしょう。

かさ高性の優れた羽毛を使用するだけでは、「快適な寝心地」になるとは限りません。
羽毛布団が「快適な寝心地」になるかどうかは...
→ 「側生地」と「仕立て」によって決まります。        
羽毛布団の選び方・ポイント
かさ高性羽毛の種類羽毛布団の側生地羽毛布団のキルトショップの信頼性

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://simprich.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/881