貴方の 【快適な睡眠】 をサポート! 注目の寝具アイテム集

激安・羽毛布団の選び方

激安(格安)・高品質の羽毛布団の選び方

「羽毛布団の品質はとても重要だけど、あまり高額になると手が出ないしな~...」
そうしたジレンマに陥ってる方、できるだけ品質が良くて安い(=コストパフォーマンスの高い)羽毛布団を見つける方法をご紹介します。
それは... 売れ筋ランキングから選ぶ ことです。
な~んだと思われた方いらっしゃるかもしれませんね。
確かに、売れ筋ランキング上位の商品が必ずしも優れているとは限りません。なかには、誇大広告ぎみの商品もあります。
そこで、その商品を選ぶ重要な判断材料となるのが、口コミ(購入者の感想・評価)です。
◎できるだけ安く・品質の良い羽毛布団を選ぶには? ※以下、選定手順の一つの例としてご参考に
 1.購入価格(予算)の範囲をだいたい設定しておく(例えば1万円~高くても2万円未満)

 2.売れ筋ランキングの商品から、その予算価格に合った羽毛布団をピックアップ

 3.その一つ一つの商品を見て、4つのポイント(かさ高性、羽毛の種類側生地キルティング
をチェック

 4.上記(1.~3.)の基準で絞り込んだ商品の口コミを読んで、最終的に購入商品を決定する
↑そんな感じ↑で絞り込みながら選んでいけば、納得のいく商品を選びやすいと思います。
最終的な決め手は口コミです。
できれば、”口コミの投稿数の多い商品”がいいですね。100人が100人とも完全に満足する、といった商品はほぼありません。
しかしいろんな角度からの感想・評価によって、その商品の価値を大体見極めることができます。実際の商品を手にした感触、使用感。ショップの対応の善し悪し、配送は迅速だったか?等々
...”生の声こそがリアルな情報”ですから。
※羽毛布団の商品口コミには、においに関する感想が多いです。これは個人差があるので、一概にその商品の優劣を決める判断材料にはなり得ません。→ 羽毛布団のにおいについて参照。
というわけで、激安(格安)・高品質の羽毛布団を選ぶには、
売れ筋ランキングから
価格・品質を基準に絞り込み、
最終的には口コミを決め手にしましょう!
という一つのご提案です(私は今までこの方法でほぼハズレがありません、羽毛布団に限らず)。
もちろん、有名メーカーの商品も合わせて比較しながら選ぶと、より確実なお買い物につながることと思います。あと信頼できるショップがあれば、そちらから選んで購入するのが安心ですね。

激安ショップ 安さの秘密

ネット通販で常に売れ筋ランキング上位に入るようなショップ、それもロングセラーを続けているショップは、並大抵ではない”企業努力”をしています。
小手先の宣伝・マーケティングだけで売れ続けるほどネットの世界は甘くありません。
より優れた商品を提供するのはもはや当たり前、偽装表示など論外です。
例えば当サイトのおすすめ布団店『こだわり安眠館 』でも、人気の裏側で、以下のような企業努力をしているのです。
安さの秘密を少しだけ公開します
安眠館は「良い品」を「安く」しかも「安定的に」お客様にお届けする為に様々な工夫と努力をしております。今回はその一部分をこっそり教えちゃいます。
結論から言って「良い品」を「安く」しかも「安定的に」お客様にお届けする為の方法は2つしかありません。
1.信頼できるメーカーと直接取り引きし、更に取引量、金額を集中させることによりお互いが不可分な関係になるような取り組みをすることです。
2.無駄な経費を徹底的に排除することです。この場合、自社の経費だけではなく取り組み先の経費も自社の経費として考え節減していく努力をしなければ本当の経費削減になるとはいえません。
具体的な例では以下の通りです。
1.メーカーと原料まで踏み込んで共同商品開発の取り組みをしております。これにより本当に良い商品づくりが可能となっております。
2.共同開発の中でシーズン前に商品の計画発注、原料の計画仕入れを行っておりますので安定した品質の原料をより安価に購入でき、工場内でのロスも最小限にできるのです。
3.羽毛布団の側縫製等に関しても計画発注に基づきシーズンオフに行いますので一枚あたりの工賃を安く押さえることができます。
4.梱包資材についてはなるべく経費のかからない物を利用、また、リサイクルできる物に関してはリサイクルして使用することにより経費を節減しております。
5.物流経費に関してもメーカーと当社物流センターを定期的なチャーター便で繋ぐことにより通常の運賃に比べ格段の安さで商品が納品されております。
6.最終的に計画数量に関しては全量引き取りを行っておりますので最初から商品に最終売り切り処分のための費用が上乗せされておりません。
これは安く販売するための秘密のほんの一部です。このような作業を大量の取引の中で行っていくのです。
別に否定するわけではないのですが、頑張って仕入れるとか小規模なメーカーが自社で作って販売する程度では商品を安定的に安く供給することが無理な話なのはお判りいただけると存じます。
こだわり安眠館 安さの秘密より-